便利なマーケティングシステムを利用しよう

昔からある手法

これまでのテレマーケティングの歴史

コールセンターにおいて、顧客からの問い合わせは非常に大切な情報源となります。そこには、顧客自身も意識していない潜在需要が潜んでいるからです。それを上手く引き出して新たなサービスや商品の提案につなげるのがテレマーケティングと呼ばれる手法です。もともとは企業でのコールセンターで行われ、そこでの案内は行われることなく営業部へ情報だけを伝える役割を持つものとして行われたものです。高度な技術が必要とされることから、コールセンターでのスタッフ教育が不可欠となり、さらにはそのテレマーケティングによる結果も個人差がかなり大きいことが課題となっていたわけです。そこで今では多くの企業が外部委託に頼る形となっています。

今後における動向予測とは

テレマーケティングは今や、ほとんどが電話代行業者による委託で行われています。専門教育を受けたスタッフが携わることによって高い費用対効果を期待できるものとして需要も多いものです。更には季節的なイベントなどでテレマーケティングに携わる人員を増やすことも簡単に行えるとあって、非常に重宝されるものとなります。 これからの課題としては、いかにその結果をさらに満足度の高いものにするかという点が挙げられます。業務代行である限りは、クライアントである企業の利害が代行スタッフとは無縁という特性がつきものであるために、そのモチベーションをいかに高めるかが鍵とされています。報酬などの面で、テレマーケティングを行うスタッフに還元されるものが必要になると予測されています。

最新の記事

特性について

多くの企業が導入しているテレマーケティングは電話を用いて商品の案内や販売を行う方法と、広告物を見た顧客から連絡を受け取る方法があり、コールセンターに受注することが増えています。

注意点には

メールアドレスを登録しておくことで、商品情報を配信できるメルマガ配信は様々な企業で取り入れられているマーケティング方法です。内容によってはスパムメールと認識されるため、事前に受信する際の注意を促す必要があります。

よく使われる

広告を行う際、よく用いられるマーケティング方法にはダイレクトメールがあります。商品情報をハガキなどに掲載し、登録された住所に送ることで獲得した顧客を離さないようにできるメリットがあります。

効率よく売る

多くの女性が使っている化粧品はマーケティング費用がかかるものです。より宣伝効果を高くする必要があるため、商品イメージに人気女優を起用する動きがあり、マーケティング動向の変化が激しいと言われています。。

↑ PAGE TOP